×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

アガリクスとは

アガリクスってご存知ですか?アガリクスについて紹介したいと思います。アガリクスというのは、ブラジル原産のキノコの事です。アガリクスが自生する条件は昼間の気温が20度から25度で、湿度が80パーセント以上で定期的にスコールなどが降るということなんだそうです。天然のアガリクスの収穫量は、一年に10トンくらいと言われています。アガリクスの多くはブラジルで消費されることが多いといわれていますから、日本ではほとんどアガリクスが入手されるということは無いんだそうです。日本にブラジルで作られたアガリクスが持ち込まれたのは1965年の事だといわれています。日本では何度か国内でアガリクスの人工栽培が試されたのですがなかなか難しいようです。アガリクスを生産している会社は4社ほどあるといわれていますが、やはりブラジルのように生産するということは難しいようです。アガリクスはほとんどが中国から輸入されたりして安く販売されているといわれています。

アガリクスの効能について

アガリクスの効能について調べてみました。アガリクスの効能はキノコ特有の成分があるために体の免疫力をアップしてくれます。またアガリクスには動脈硬化を予防する効果もあるといわれています。アガリクスの効果はその他にも、リノール酸が血液の中のコレステロールを減少させて動脈硬化を予防するのにも効果があるといわれています。その他にもアガリクスはアレルギー疾患を予防する効果もあるようです。アガリクスの効能については色々とアガリクスの製品に書かれていますが、アガリクスの効能で癌が治るといったものがあるようですがガンが完全に治るという効能はアガリクスには無いようです。アガリクスの効能や効果は法律上製品などによっては過剰にかくことが禁止されていますから、インターネットで調べてわからないことがあるのですが、一般的にいうアガリクスの効能は、他のキノコ同様にしてからだの免疫力がアップして、メタボリックなどの成人病にも効果があるということになると思います。

アガリクスの効果とは

アガリクスの効果について紹介したいと思います。アガリクスの効果は実に色々な効果があるといわれています。アガリクスの効果は例えば循環器系の効果の場合にはアガリクスによって、高血圧が治ったり、低血圧、心臓病、動脈硬化や心不全、血栓症やリンパ腫などに効果があるといわれています。また消化器のアガリクスの効果は十二指腸潰瘍や官肥大、慢性胃炎や胃下垂、胃がんや胃潰瘍、肝硬変や大腸癌、慢性口内炎やポリープ、便秘や食欲減退などにも効果があると言われています。内分泌系ではアガリクスは糖尿病やコレステロール、アレルギーや肝炎、浮腫にも効果があるといわれています。呼吸器にもアガリクスは効果があるといわれていて、慢性気管支炎や喘息にも効果があるようです。このようにアガリクスの効果は体の色々な部分にとても効果があることで知られていますからアガリクスを使った製品は沢山販売されています。必ずしもこれらのアガリクスの効果が誰にでも効くというわけではありませんが、アガリクスの効果は沢山あります。

Copyright © 2008 アガリクスはもう買いましたか?